お役立ちコラム

エアコンの臭いが気になるときの対処法

エアコンを長い期間使っていると、なんとも言えない嫌な臭いが部屋に漂うことがあります。 

発生する臭いの主な原因は、使用しているうちに内部に溜まっていったカビや菌などです。 

 

業者に掃除を依頼することも一つの手段ですが、ご自身で手入れを行うことで、ある程度対策できます。 

エアコンの臭いは対処法さえ知っていれば、自身でである程度掃除をして、だいぶ改善することが可能なのです。 

 

そこで今回は、臭いが気になるので取り除きたい方に向けて、臭いを取り除くための対処法を解説していきます。 

 

エアコンの臭いをとりあえず消すには応急処置 

臭いをすぐに取りたければ、とりあえずの応急処置をしましょう。 

応急処置の方法として適切なものを紹介していきます。 

 

冷房16度で1時間運転する 

エアコンの温度(冷房)を16度に設定して、冷えた環境の中で1時間ほど作動させる方法です。 

低温で動かすことで、エアコンの内部に水蒸気を凝縮させます。 

その水によって、内部のカビや菌を洗い流します。 

冷房を作動した後は、窓を開けてカビや菌を外に追い出します。 

暖房30度で1時間運転する 

エアコン(暖房)を30度にして、1時間程度作動させたままにします。 

高温で作動させることで、機械の中を乾燥させてカビを殺す方法です。 

運転が終わったら窓を開けて、死骸を外に放出しましょう。 

10分程度窓を開けて運転する 

エアコンを通常の方法で運転させながら、10分程度窓を開けておきます。 

 

窓を締め切ったままエアコンを作動させてしまうと、中に蓄積されたカビの胞子が部屋に飛散し、臭いの原因になります。

窓を開けたまま運転することで、胞子を部屋に残さずに外に放出する仕組みです。 

エアコンの臭いを根本的に除去するには徹底した掃除が必要 

応急処置は一時的なものなので、1週間程度で除去した臭いは再び発生してしまいます。 

そこで、臭いを根本的に除去する対処法を解説します。 

 

エアコンのフィルターを掃除する 

まずエアコンにフィルターをつけたまま、掃除機を使って表面を掃除します。 

次にフィルターを外して、外側と内側のホコリを掃除機で丁寧に吸い取ります。 

最後にフィルターを水洗いして、日陰で乾かしてからエアコンに取り付けましょう。 

エアコンのカバーやルーパーを掃除する 

エアコンのカバーを取り外して、中性洗剤を使って全体を水洗いしましょう。 

洗い終わったらカバーを日陰干しして、乾かしてから取り付けます。 

 

ルーパー(風の向きを調節する羽のようなパーツ)が取り外せる場合は、中性洗剤で軽く水洗いをすることがポイントです。 

洗い終わったらカバーと同様に、日陰に干して乾燥させてから取り付けます。 

エアコンの内部はプロに依頼 

エアコンの中身は精密な構造になっており、自分で無理に掃除をすると故障の原因になります。 

中身をどうしても掃除したい場合は、プロの業者に依頼するのがおすすめです。 

 

当サイトでは、中身を掃除する事によるメリットをご紹介しています。

詳しくは、エアコンの内部を清掃するメリットの記事をご覧ください。

 

エアコンの臭いを予防するコツ 

臭いを予防するために、普段から以下のことを実行しておきましょう。 

 

・冷房や除湿をした後は、1時間ほど送風モードで作動させる 

・使わない時期も、定期的に送風モードを使用する 

・窓をこまめに開けて換気をする 

・フィルターを定期的に掃除する 

 

上記のことを心がけると、臭いの原因となるカビや菌の繁殖の防止につながります。 

エアコンの臭い防止は日頃の作業から 

いかがでしたでしょうか。 

本記事をお読みいただくことで、エアコンの臭いを取り除く方法をご理解いただけたと思います。 

臭いを除する対処法としては、まず応急処置をしてカビなどを外に追い出します。 

次に、フィルターやカバーなどを掃除して、臭いの素を除去。 

臭いを防止するには、普段から換気や掃除を心掛けることが大切です。 

 

株式会社スマイルパートナーでは、累計1,000万台を超えるエアコン工事を行ってきた熟練のスタッフたちがエアコン室外機の水没に関する修理・点検を行っています。 エアコン周りでお困りの方はぜひ一度コチラから相談してみてください。 

お問い合わせ