お役立ちコラム

エアコンのコンセントに延長コードは使えないのか

エアコンを新しく購入した時や引っ越しをした時、本体コードがコンセントに届かないことがあるでしょう。

その場合、自宅にある延長コードを使用して本体をコンセントを繋ごうと考える方もいらっしゃいます。

しかしこの行為は、エアコンの取り付けにおいて危険な行為であるため、禁止されています。

本体と延長コードを繋げるのは一体なぜ危険なのか、具体的な危険性や届かない場合どんなことを行うべきか詳しく解説します。

 

エアコンのコンセントに延長コードは危険!

本体と一般家庭にあるコードは、繋げてはいけない危険な行為です。

具体的な危険性や危険を回避する方法をそれぞれ説明します。

 

延長コードを使用するとどうなるか

エアコンに一般家庭で使用するコードを使用してしまうと、発火が生じる恐れがあります。

その理由としてエアコンは、消費電力の高い家電製品であるため、延長コードの定格電流を超える可能性があると考えられるからです。

延長コードは、一般家電向けに作られているため、電流にも限度があります。

本体と延長コードを繋げてしまうと、電流限度を超えた電気が流れ続け、発火を起こしてしまうことがあるので、非常に危険と言えます。
 
当サイトでは、隠蔽配管についてのご紹介もしています。
詳しくは、エアコンを運転効率を下げずに取り付ける3つの注意点の記事をご覧ください。

 

エアコン専用の延長コードで危険を回避!

購入してしまった本体が専用のコンセントと繋げることができない場合、どのような作業を行うべきなのでしょうか。

エアコンを含む消費電力の高い家電製品には、電力に応じた専用の延長コードを使用するようにしましょう。

延長コードの中には、エアコンなどの大きな電力を必要とする家電に対応してるものがあります。

特にエアコン専用コードは、最大許容量も大きいので、電力の消費量にも対応することができるよう作られています。

どうしても長さが必要な場合には、使用しているエアコンの電力を確認して、対応可能なコードを使用するようにしましょう。

 

専用コンセントを付け替える方法も

専用延長コードの使用する場合、逆に長過ぎてしまうことも考えられます。

その場合には、専用コンセントを新しく付け替える工事を行うようにしましょう。

本体とコンセントプラグが合わない場合もありますので、こちらも合わせて確認することをおすすめします。

またエアコンは、メーカーによっても消費電力が異なります。

消費電力が異なる場合もコンセントの付け替え工事が必要になるケースがありますので、エアコンの購入前に事前確認しておくことが大切です。

 

エアコンと延長コードの危険性を理解して事故を防ごう

いかがでしたでしょうか。

本記事をお読みいただくことで、一般の延長コードをエアコンに使用することの危険性をご理解いただけたと思います。

 

繰り返しになりますが、エアコンは一般家庭にあるコードを繋げてはいけない電化製品です。

エアコンを新しく取り付ける際には、延長コードの危険性を把握して、取り付けトラブルを回避しましょう。

 

スマイルパートナーでは、エアコン工事や家電取り付けなどのサービスを全国で行っております!

エアコン取り付け工事はコチラからご覧ください。

お問い合わせ