最強寒波に備えて!

皆様こんにちは⛄

今日はぐっと冷え込んで、温かい飲み物がよりおいしく感じられますね☕

 

明日1/24から、非常に強い寒波が到来し

広い範囲で雪が降ることが予想されています。

 

エアコン販売最大手のダイキン工業によると、

降雪時によくあるエアコンのトラブルとして

「暖房運転中なのにエアコンから暖かい風が出てこない」、

「運転開始から5分くらいで止まってしまい、しばらくすると運転を再開する」、

「室外機から湯気が出ている」、「室外機から異音がする」などといったものが多いそうです💦

 

その原因の1つとして、

室外機の周りに雪が積もり、

空気の吸い込み口や吹き出し口を塞いでしまうことが挙げられます。

もう1つは『霜取り運転』によるケースです。

 

 

今日は、霜取り運転についてと寒波への備えをお話します!

 

 

『霜取り運転』とは、室外機の熱交換器についた霜を溶かしている動作のことです。

暖房運転をしているとき、外にある室外機は、屋外に冷たい空気を吹き出します。

この時室外機内の熱交換器が冷たくなるため、空気中にある水蒸気が結露して凍り霜がつきます❄

そのため、一時的に室外機の熱交換器を温めるため、霜取り運転が開始されるのです💡

引用:エアコンの霜取り運転とは?故障との違いを見極める方法 | お役立ちコラム (mikado-sc.co.jp)

 

霜取り運転中は、温風が出ないため寒い冬場ではなるべく避けたいですよね・・・

霜降り運転をさせないために以下がポイントになります!

・エアコンの設定温度を低めにする

・室外機のまわりに十分なスペースを作る

・こまめにフィルターの掃除をする

・室内外での気温差を減らす

 

霜取りを早くするために室外機にお湯をかけるのは、すぐに霜がとれるので一時的に効果はありますが、

本体の中に水が侵入したり、フィンを痛めてしまい、故障の原因になります⚡

霜が取れるのを自然に待ちましょう。

また、これらのトラブルを事前に防ぐために室内の暖気を逃がさないよう

暖房器具を増やしたり断熱シートやビニールカーテンの設置も効果的です👌

.

.

次に、積雪で室外機の周りが塞がってしまった・・・なんて時の除雪ポイントです!

・室外機の周り30〜40センチ程度を目安に除雪する

・雪かきを行う前にエアコンの電源をオフにする

・室外機の上に積もった雪も一緒に取り除く

 

などです。

 

長くなりましたがご覧いただきありがとうございます✨

 

明日以降の最強寒波、生活必需品の備えも忘れず

皆様お気を付けてお過ごしください!

 

エアコントラブル発生時は、スマイルパートナーでも

点検・修理が可能です。

❝故障かな・・・?❞と感じた時には以下までご相談ください。

 

(株)スマイルパートナー

TEL:043-235-7222

千葉県千葉市若葉区都賀3-17-5

 

参考:大雪の困りごとと解決法 | 空気の困りごとラボ | ダイキン工業株式会社 (daikin.co.jp)

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ